外壁塗装・屋根塗装の料金の相場
を知りたい場合は、一括見積りで!

なぜ外壁塗装・屋根塗装は必要なのか?|見た目の綺麗さを保つため

外壁塗装や屋根塗装と言ったものは、家を維持するためには必要不可欠とされています。定期的に実施しなければいけない、とされているわけですよね。

しかし、生活をしていて外壁塗装や屋根塗装を必要だと感じたことがあるでしょうか?「業者から言われたからしかたなくやってみた」という方も多いのではありませんか?

今回は外壁塗装と屋根塗装がなぜ必要なのか、ということを外観という面から確認してみます。実は、塗装の目的には見た目も入ってきているんですよ。

建物の美しさを左右するのが塗装である

・特に外壁塗装は家のイメージを決定づけることも

友人や知人が家に遊びに来る、というケースもあるでしょう。そんな時に外観が汚ければ、ちょっと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。そういった思いをしないようにするためにも、塗装といったものが行われるわけです。

そもそも、塗装に関しては必ず劣化してしまいます。ずっと状態を保持し続けられるわけではありません。塗装をおこなってから2年間や3年間はまだ綺麗な状態を保っているかもしれません。しかし、年がら年中風雨にさらされているのです。
どんどんと汚れが出てきてしまいますし、塗装自体も劣化して剥がれてしまうことも。

仮に、塗装の劣化が激しくなって塗装が剥がれてしまうと、建物自体に損傷が出てきてしまうかもしれないんわけです。だからこそ、外壁塗装と内壁塗装が実行されるわけ。

塗装しただけで新築のような雰囲気になることも

・築年数が10年お物件も20年の物件も新しくなる!

見た目のイメージだけではありますが、外壁塗装を実行すると新築のような外観になります。塗装というものはそれだけの影響力を持っている、ということは理解しなければなりません。

塗装が汚くなっていれば、ご近所さんに対してもあまり良いイメージを抱かせないかもしれませんよね。そのような状況を取り除くためにも、外壁塗装は定期的に行わなければなりません。

ちなみに、塗装の種類によってはそれほど頻繁に行わないで済む場合もあります。10年程度で寿命が来てしまうものもあれば、20年間や30年間は持つ、というものもあるのです。あまり頻繁に塗装を行いたくないのであれば、寿命が長いタイプを利用しましょう。

なぜ外壁塗装・屋根塗装は必要なのか|建物を守るため

外壁塗装と屋根塗装はお金もかかりますし、時間もかかります。家の周りにはしばらく足場が組まれるなど、生活にも一定の影響が出てきてしまいます。
出来れば、なるべくしたくないものですよね。

しかし、外壁塗装も屋根塗装も必ずしなければならないものです。

こちらではなぜ行わなければならないのか?ということをお話します。建物の保存、といった観点から解説しますね。

外壁塗装も屋根塗装も建物を守るために行っている

・塗装しなければ建物が劣化してしまう

外壁塗装も屋根塗装も建物を守っているものです。特殊な塗装剤を使って、雨や風、雪やホコリ等から家を守ってくれているのです。それらがなくなってしまったらどうなるでしょうか。家は圧倒言う間に劣化してしまいます。雨が家に影響を与えて、木材などが腐ってしまう、といったことまで考えられるわけです。

もう少し詳しく解説すると、外壁塗装を行なうと塗膜という膜で建物が守られるようになります。塗膜には撥水機能があり、雨が降ってきたとしてもはじいいて流してしまうわけです。水分が建物内部に入り込んでしまい、カビなどを発生させる可能性も格段に低くなります。

外壁塗装や屋根塗装が劣化したらどうなるのか?

・塗装がひび割れを起こす
・塗装が剥がれてしまう
・雨水が建物に侵入する
・柱や土台を腐らしてしまう

塗装がひび割れを起こしたり剥がれてしまったりするだけであれば、そこから塗装をすれば対応できます。問題は、塗装が劣化している状態を長く維持してしまうことです。そうなってしまうと、雨水が建物内部に入り込んでしまい、柱や土台を腐らせてしまいます。建物内部に問題が生じてしまえば、塗装しただけでは何の意味もありません。建物内部に関しても修築を実施しなければならないわけです。建物内部を工事するとなると、塗装費用の何倍もかかってしまうことに・・・。
だからこそ、定期的に外壁塗装や屋根塗装は行わなければなりません。

「お金はかかるし、面倒だからやりたくない」という気持ちはわかります。しかし、その結果が高額な出費を招いてしまいます。建物内部の修築ともなれば、しばらく家で生活できない、といった状態になってしまうことも。
塗装は、一定期間が過ぎたら進んで行なうべきものなのです。

外壁塗装の劣化を確かめる方法|クラック・ヘアクラック・ガン肌

屋根塗装の劣化には目視が出来ないので気づくことは難しいですが、外壁塗装に関しては目視が出来るので、ある程度の知識があれば素人であったとしても劣化を確かめることが可能です。

今回は、外壁塗装の劣化を確かめる方法を3つお教えします。

・クラック
・ヘアクラック
・ガン肌

という3つの劣化した状態があるのですが、その状態が把握できればいま外壁塗装をすべきか、ということは判断できるようになりますよ。

クラックとヘアクラックについて

・外壁にヒビが入る現象のことを指している

外壁の劣化現象としては、最もオーソドックスなものなので観たことがある、というかたも多いのではありませんか。自宅の外壁だけではなく、他の家の外壁でクラックを見かけたこともあると思います。

外壁にヒビが入っているということは、建物にももしかすると影響が出てくるかもしれない状態になってきているわけです。ただし、ひび割れにも幾つかの種類があります。

・ヘアクラックとクラックの違い

ヒビの幅を示しています。
ヘアクラックに関してはヒビの幅が3ミリ以下となっているので、建物は大きな影響は受けていません。等は劣化の初期段階、と言える状態です。この時に対処していれば、建物には大きな影響は出ていない、という状態になります。

一方で、クラックに関しては0.3ミリ以上のヒビの幅のことを表しています。ヒビが奥まで到達していることが多いので注意しなければなりません。モルタルまでヒビが入っていたり、モルタルよりもさらに奥にヒビが到達していたりすることもあるのです。

仮にモルタルの奥までヒビが到達している場合には、ひび割れを20センチ幅まで削って、シーリング剤をしっかりと注入してヒビを埋めることになります。対策が難しくなってしまうこともあるので注意しましょう。

ガン肌について

・塗膜欠陥の一つである

外壁塗装に凹凸ができてしまっている状態のことを指しています。しかし、中には外壁塗装のデザインとしてわざとガン肌にしている場合もあるので、必ずしもと塗膜欠陥とはいえないこともあるのです。

・近年では起こりにくくなっている

以前によく行われていたスプレー塗装でよく起こっていた欠陥です。最近では、ローラー塗装を行なうケースが増えてきているので、こちらの欠陥が起こりにくくなりました。

ちなみに、夏場の日中に塗装を行うと発生しやすいとされています。

外壁塗装の劣化を確かめる方法|硬化不良・チョーキング現象・塗膜欠陥

外壁塗装が劣化している場合には、何らかの対策を取らなければなりません。そのままにしてしまうと、生活に支障をきたすような重大な欠陥につながってきてしまうかもしれないのです。たとえば、家の中に湿気がいっぱい入り込んでしまい、カビが発生してしまう、ということも十分に考えられます。

こちらでは外壁塗装の欠陥に少しでも早く気づくためにも、いくつかの外壁塗装の欠陥を紹介していきます。

・硬化不良
・チョーキング現象
・塗膜欠陥

の3つについて紹介していくので、参考にしてもらえたら幸いです。

硬化不良とは?

・規定の硬度にならないものを指している

塗装ですが、一定以上に降下しなければなりません。外壁が柔らかいままになってしまうと、傷ついてしまうこともあります。外壁が剥がれやすくなってしまうかもしれないのです。

硬化不良が起きてしまう原因がいくつか考えられ、例えば塗膜が厚すぎるというものがあります。塗膜が厚すぎると効果に時間もかかってしまいますし、柔らかいままになってしまうのです。対策方法としては、薄く重ね塗りをするというものがあります。

塗膜の厚さにムラがあるのも問題です。塗装方法や塗装機材を変更して対処する必要もあります。

チョーキング現象とは?

・外壁を触ると白い粉状のものがつく

自分の家の外壁塗装を触るだけで確かめられる方法です。外壁を触ると白い粉上のものが手についてしまうようなことがあると、まさにチョーキング現象が起きている、ということになります。

・原因とは?

外壁の劣化以外の何物でもありません。10年程度で発生することが多いです。
ただし、施工不良の場合は1年から3年程度で起きてしまうこともあるので注意が必要ですよ。

施工不良の原因としては、立地条件や使用条件に合わない塗料を使うというものもあります。

塗膜欠陥とは?

・さまざまな外壁塗装の問題を指している

塗膜欠陥は様々な外壁の問題のある状態を指しています。

・チョーキング
・ピンホール
・ワキ
・ハジキ

などが該当しています。

発生原因としてはしっかりと乾燥していなかったケース、施工前の洗浄で汚れがしっかりと落とされていなかった、といったケースもあります。

塗膜欠陥に関しては、1年未満で現れてくることがほとんどです。

外壁塗装・屋根塗装はいつから考え始めるべきか?

外壁塗装や屋根塗装は、一定期間が過ぎたら行わなければならない、といった印象はあると思います。しかし、築何年程度で行なうべきなのか、ということまでは把握していない、という方がほとんどだと思います。

今回は外壁塗装と屋根塗装はいつから行なうべきなのか、ということを明らかにします。「そろそろしなきゃいけないのかな」と考えていた方は必見ですよ。

塗装を行う目安とは?

・築10年位が一つの目安

塗装は永久に持つわけではありません。一定期間で劣化してしまうので、劣化が始まったら再び塗装をしなければならないうのです。再塗装の目安ですが、築10年程度としています。

要は10年程度で塗り替えを繰り返していく、ということになります。

築10年で塗替えを実施し、築20年でさらに塗り替え、築30年で塗り替え・・・となります。

外壁の塗替えを定期的に実施したり、屋根塗装の塗替えを定期的に行なったりということは、家の耐久年数をアップさせることにもつながっていくことにもなるのです。家の耐用年数が伸びると、資産価値というものも高まることにもなります。もしも、将来的に住宅を売ろうと考えている場合には、やはり外壁塗装はしっかりと行うべきですよ。

・劣化から判断して塗り替えを実施しても良い

塗装というものは、一定期間をすぎると劣化してしまいます。その劣化の状況を見て塗替えを実施するかを判断しても良いわけです。もしも劣化がひどい場合には、仮に築10年経っていなかったとしても、塗替えは行なうべきです。
ヒビが入っていたり触ったら手に白い粉がついたりするような状態になっていたら、もうそろそろ寿命が来ている、と判断できます。

外壁塗装を定期的にしないとどうなる?

・雨漏りなど水が侵入してくる

雨漏りがする可能性があります。外壁塗装のひび割れに水が入り込むことで、直接家に水分が伝わってくることになります。コンクリートにもひび割れがあれば、そこから家の中に水が入り込んでしまうわけです。

・断熱効果がなくなってしまう

外壁には一定の断熱効果があります。
外気の寒さや暑さ、というものを遮ってくれる効果があるわけです。外壁塗装を定期的に行わないと断熱効果がなくなり、外気が直接的に家に流れ込んできてしまうのです。

外壁塗装をしないと建物はどうなってしまうの?

外壁塗装はお金もかかるし、家の周りに足場が組まれるし面倒だからしたくない、と思っている方はかなりの数に登るのではありませんか。確かに、外壁塗装は面倒なものでもあります。出来ればしたくない、といった気持ちも理解できます。しかし、しなくて済むものではありません。
必ずしなければならないものでもあるのです。

今回は、外壁塗装をしないとどういった状況になってしまうのか、ということを明らかにしていきますね。外壁塗装をしようかやめようか悩んでいる方は必見ですよ。

防水効果がなくなってしまう

・雨の侵入あり
・湿気の侵入あり

外壁の耐久性が低下してしまうと、水分が家に影響を与えてしまう状況になります。雨水が入り込んできてしまうこともありますし、湿気が入り込んできてしまうこともあります。家の中に黒いカビが発生しやすくなってしまうことも。
カビ菌が家に大量にある状態になってしまうと、健康被害が発生してしまうことも十分に考えられるわけです。
お子さんの健康に問題が発生してしまったら大変ですよね。そうなってしまわないようにするためにも、外壁塗装は定期的に実施しなければなりません。

ひび割れが発生してしまう

・見た目が悪くなってしまう
・家が劣化してしまう

外壁塗装をしないままにしていると、外壁がどんどんと劣化してしまいます。その結果、ひび割れが発生してしまうんです。ひび割れが発生してしまうと見た目的にもあまり良い状況とはいえません。家が老朽化している、といった印象を与えてしまうことに。

さらに外壁にひび割れが起こっているということは、家が劣化してしまう契機になってしまうのです。ひび割れが小さい場合はまだ平気なのですが、ひび割れが大きくなってモルタルの奥まで到達してしまうと、建物自体の劣化を招いてしまうことに。建物の維持が出来なくなってしまうことも考えられますよ。

建物内部が劣化してしまう。

・湿気が建物に入り込む
・汚れが建物に入り込む
・雨が建物に入り込む

もしも上記したような状況になっている場合には、かなり状態は悪いです。もう建物の劣化は始まっており、極めて危ない状況、と言っても良いかもしれません。建物内部に問題が出ないうちに外壁塗装は行ってください。あなたの資産や生活を守るためにも塗装は重要なのです。

外壁塗装・屋根塗装工事の流れとは?

外壁塗装工事や屋根塗装をする前にしっかりと把握しておきたいのが、その工事の大まかな流れです。前もって知っておくことで、圧倒的に依頼しやすくなるわけです。

そもそも塗装工事にはそれなりの時間がかかります。中には1ヶ月近くかかってしまうようなケースもあるので、工事の過程、というものは事前にしっかりと把握しておくべきですよ。

それでは工事の過程について順を追って解説していきますね。

塗料の作業に入るまでの過程について


・足場を組む

・高圧洗浄を行なう

・養生を行なう

最初に実施するのが足場を組む、ということです。建物の外壁を囲むように足場を組んでいきます。作業をする上で必須のものになります。実は、その足場に関してはかなりの費用が発生する、といった特徴もあるのです。案外かかるものなので、事前にしっかりと見積はとっておきましょう。

足場が組み上がったら高圧洗浄を実施します。屋根と外壁を綺麗にします。汚れなどがあると、うまく塗装ができなかったり作業ができなかったりするので重要な工事の過程の一つです。

洗浄が終わったら、次に養生を実施します。塗料を塗らない部分をビニールで覆うようにするわけです。窓枠などをしっかりと養生しなければ、ガラスなどに塗料がかかってしまうこともあるので重要な作業です。

塗装作業開始


・さび止め塗料の塗装

・下地調整の実施

・軒天塗装の実施

・外壁塗装と屋根塗装の実施

・終了

鉄の部分はそのままにしておくと錆びてしまうことがあるので、さび止めを予め塗っておきます。サビの発生を抑えることは、建物を守るためにも非常に重要なことです。

下地調整に関しては、塗料を綺麗に乗せるために非常に重要な項目です。目地の部分の補修なども実施します。

軒天の塗装を行うのですが、実は3度塗りを実施します。次の外壁塗装と屋根塗装も3度塗りです。下塗り、中塗り、上塗りを実施して終了します。3度塗りをしなければ、塗装が不安定になってしまい、劣化しやすくなってしまうので注意しなければなりません。

以上で塗装は終了になります。この他にも雨樋などを塗装するケースもあります。
ちなみに、中塗りと上塗りには同じ塗料を利用するケースが多くなっているんですよ。見積もりで同じ塗料で利用されるかを確かめておきましょう。

外壁塗装は3度塗りする!

外壁塗装は1度塗って終了、と思っている方も多いのではありませんか?

実はそんなに単純なものではありません。外壁塗装は10年間や20年間も状態を維持しなければならないのです。ですから1度塗りで終了する、ということはありません。基本的に3回塗ることになるのです。

3度塗りをするからこそ、10年間も20年間も建物を守ってくれるわけです。

今回は外壁塗装の3度塗りについて詳しく解説します。

3度塗りの中身とは?

・下塗り
・中塗り
・上塗り

上記の3階が実施されることになります。3回の工程を経てやっと外壁塗装は終了することになります。もちろん下塗りだけでは効果を発揮してくれませんし、上塗りだけでもダメなのです。3回塗ることによって塗装がしっかりと強化され、風雨から建物を守ってくれることになります。

・下塗りとは?

シーラー・プライマーと呼ばれるものです。要は、下地の強化をする塗料であり、上に塗る塗料が綺麗に付着しやすくするためのものです。もしも下塗りを行わないと、上塗りの塗料にムラができてしまう、といった可能性もあるわけです。

上塗りにムラができてしまうようなことがあると、塗料が剥がれやすくなってしまいます。またしっかりと塗れなかった部分から雨水や湿気などが建物内に入り込んで、建物自体が劣化してしまう、といった可能性もあります。

【下塗りを実施しないケースもある!?】
実は、塗装会社のかなには外壁塗装で下塗りを行わない、という場合もあるのです。塗装会社としては手間もかかりませんし、利用者としては塗料代金が浮く、といったメリットが有りますがおすすめできません。

「下塗りをしなくても大丈夫」としている塗料会社もありますが、不安がつきまとうのは否めません。できればしっかりと3度塗りを実施してくれる業者を探し出して利用すべきです。

家とは長い付き合いになりますよね。外壁塗装は家を守るためにも行われるものなのです。だからこそしっかりとした塗装を行ってもらわなければなりません。

中塗りと上塗りの塗料について

・同じ塗料が利用されることが多い

下塗りの塗料は前述したように下地強化塗料ですが、中塗りと上塗りに関しては同じ塗料を利用しています。同じ塗料を利用することで、塗装のムラをなくしているのです。

中塗りと上塗りの塗料が一緒なのか、それとも異なっているのか、ということは事前に調査すべきです。

塗料の種類と特徴|アクリル系・ウレタン系・シリコン系

外壁塗装に利用されている塗料ですが、いくつかの種類があります。それぞれに特徴があるので、塗装を依頼する時にはそれぞれの塗料の特徴、というものを把握しておかなければなりません。

こちらでは、

・アクリル系
・ウレタン系
・シリコン系

のそれぞれの塗料の特徴について確認していきます。どんな人におすすめなのか、さらに耐久年数はどのくらいなのか、ということを明らかにします。

外壁塗料を行おうと計画している方には必見のテーマですよ。

アクリル塗料の特徴とは

・どういった人にアクリル塗料はおすすめなのか?

こまめな塗替えを希望している方におすすめできます。耐久年数が短くなっているので、定期的に塗装し直さなければなりません。

一方で価格が安い、といった特徴があります。少しでも経費をかけずに安く塗装したい、と思っている方は必見の塗料です。

・アクリル塗料の耐久年数と価格について

・耐久年数・・・約4年間程度
・一般住宅の塗装価格・・・60万円から70万円程度

4年程度しか持たないので、コスパ的にはあまり良いとはいえないかもしれません。とりあえず塗装だけできて、いまかかってくる価格を抑えたい、という方におすすめです。

ウレタン塗料の特徴とは

・どういった人にウレタン塗料はおすすめなのか?

剥がれにくい塗料で塗装をしたい、という方に適しています。密着性に優れており、剥がれにくい仕様となっているのです。特に塗装の剥がれが気になる箇所に利用できる、といった特徴があります。

耐久年数はそれほど長くはありませんが、コストは抑えめとなっており、「安く塗装したい」という方にも適した塗料です

・ウレタン塗料の耐久年数と価格について

・耐久年数・・・6年間程度
・一般住宅の塗装価格・・・70万円から80万円程度

耐久年数はアクリル塗料よりも長く設定されていますが、それでも短いといえるかもしれません。こまめな塗装が必要になってきます。
価格に関しては、100万円を下回ってくるのでお得と言える部類に入ります。

シリコン塗料の特徴とは

・どういった人にシリコン塗料はおすすめなのか?

表対効果が高い塗料を利用したい、という方におすすめです。耐久年数が長く設定されており、コストは少しかかりますがコスパとしてはお得です。
価格と耐久性のバランスが非常に良い、といった特徴があります。

・シリコン塗料の耐久年数と価格について

・耐久年数・・・13年から15年程度
・一般住宅の塗装価格・・・80万円から100万円

耐久年数が長いので、頻繁に塗装する必要はありません。長い目で見たコスパはかなり良いです。

塗料の種類と特徴|フッ素系・遮熱系・光触媒系

外壁塗装の塗料はかなり細分化されています。以前はアクリル系やウレタン系、そしてシリコン系がメインでしたが、その他の特殊なものもでてきているのです。そして最近ではその特殊なタイプの塗料を使っている方が多くなりました。

こちらでは、

・フッ素系
・遮熱系
・光触媒系

のそれぞれの特殊な塗料の特徴について詳しくお話します。それぞれにはどのような特徴があるのでしょうか。コストや耐久年数を知りたい、という方は要チェックです。

フッ素系塗料について

・どのような人におすすめなのか?

長い目で見てコストを抑えたい、という方におすすめです。耐久年数が長く設定されており、非常に強い塗料なのです。価格に関しては少し高めに設定されていますが、コストパフォーマンスとして考えるとオトクな部類に入ってきます。

・フッ素系塗料の耐久年数とコストについて

・耐久年数・・・18年間程度
・一般住宅にかかるコスト・・・90万円から120万円程度

価格としてはかなりかかってしまう、といった印象があるかもしれませんが耐久年数が長いので、費用対効果で見るとかなり有利です。

遮熱系塗料について

・どのような人におすすめなのか?

光熱費を少しでも抑えたい、という方に適しています。太陽熱を弾く、といった特徴を持っているので、冷房などを利用する時間をすくなくできるのです。家の中の温度を一定に保つことにより、省エネを達成できます。

耐用年数鼻かなり長いですが、費用がかさみます。ただし「費用対効果は高い」、と言って間違いありません。

・遮熱系塗料の耐久年数とコスト

・耐久年数・・・18年間程度
・一般住宅にかかるコスト・・・100万円から140万円程度

かなり長く維持できる塗装剤ですが、コストがかかります。その分光熱費を浮かせられるので、ある程度は取り戻せる、といった感覚です。

光触媒系塗料について

・どのような人におすすめなのか?

光熱費を抑えたいという方、外壁の汚れを減らしたいという方におすすめです。
遮熱効果があるので、光熱費の低減に努められるのです。さらに太陽の光で汚れを浮かせることができ、雨が降ればその汚れを流せる、といった特徴を持っています。
きれいな外壁が維持できるのです。

・光触媒系塗料の耐久年数とコスト

・耐久年数・・・20年間程度
・一般住宅にかかるコスト・・・110万円から160万円程度

耐久年数に関しては、ここまで紹介した塗料の中で最長となります。一方で価格は最大となっています。
コストパフォーマンスとしてはまずまずと言って良さそうです。見た目にこだわりたい方にもおすすめの塗料ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ